便秘の原因

便秘とは、本来なら毎日あるはずの便通が3日以上なかったり、便通があっても硬くて量が少なかったり、また排便後に残便感があったりする状態のことです。
男性よりも女性に多く、日本人女性の半数以上に便秘の症状が見られるとも言われています。

女性に便秘が多い理由としては、身体的理由、ホルモンの作用、無理なダイエット、精神的な理由が挙げられます。
身体的な理由とは、女性は男性と比べて腹筋が弱いため、大腸が便を送り出す力も弱くなります。
そのため便秘になりやすいのです。
ホルモンの作用とは、黄体ホルモンという女性ホルモンのひとつであるホルモンの働きに関係しています。

黄体ホルモンは身体の水分や塩分を溜め込むように指示を出したり、子宮筋の収縮を抑制したりする働きがあります。
それによって、便の水分が吸収されたり腸の動きを低下させたりするため便秘になりやすいのです。
無理なダイエットでは、食事量と共に食物繊維や水分も減ってしまうため、便が固くなりやすく便秘に繋がります。
精神的な理由では、人前でトイレへ行くのを躊躇ったり、外出先のトイレが汚いなどの理由で我慢してしまったり、旅行など環境の変化からのストレスで便秘になることもあります。
便秘が続くと腹痛や腹部の膨満感、食欲不振などの症状が出てきます。

また他には肩がこったり肌が荒れたりと、一見便秘の症状とは結びつかないような症状も現れます。
男性でも女性でも便秘が続くことは身体にとって決して良いことではありませんので、便秘の予防、解消がとても重要です。



■関連リンク
便秘の解消を手助けするオリゴ糖の通販サイトです → 便秘 解消

Copyright © 2014 便秘の予防と解消 All Rights Reserved.